豊中市上新田・桃山台のリンパリラクゼーションサロン

恐怖のトリガーポイント試験

   

 

こんにちは♪

いつもしゃっぷりんブログを見ていただき有難うございます(^V^)/

 

日々、勉強ですね。

勉強、勉強!

 

 

今は何の勉強をしているかといいますと、

来月末にしゃっぷりんを運営する会社内で試験があるのです。

 

その試験に向けての勉強です。

 

内容はといいますと、

「トリガーポイント」

 

トリガーポイントって何なの?と思われる方多いと思います。

 

接骨院の施術者はもちろん、

人様の体に触れるリラクゼーションセラピストにとっても、

とても大切な知識なのです。

 

筋肉にできた固いしこり部分・

押すと響きや痛みが発生する部分で、

痛みの引き金(原因)となる部分の事を、

「トリガーポイント」

と呼びます。

 

皆様がよくおっしゃられる、

「肩甲骨の内側が…」

「膝のうらが痛い」

「腰のこの辺が重だるい」

など、痛みが発生した部分で

トリガーポイントを見つけます。

 

ただ、痛みがあるからといって

そこにトリガーポイント(強いこり)

があるとは限らないのです。

 

こういったことを関連痛と呼ぶそうです。

 

例えば、頭痛。

頭のどこに頭痛が現れるかで

トリガーポイントを予測します。

頭の側面(目の脇)や目の奥が痛いと言われれば、

そことは違う、頭と首の付け根部分にある筋肉!

そこを触ってトリガーポイントがあるか確認。

固いこりが発見できると思うので、

そこを緩ませてあげる。

あら不思議。痛みがなくなっちゃう。

 

ただ、関連痛はトリガーポイント一つを緩めても、

まだ痛い・だるい。という場合があります。

 

それは何なのかというと、

違うトリガーポイントでも共通した所に痛みがでる、ということです。

痛みの原因となるポイントは一か所ではないということです。

なるほどなるほど~

 

全身ひと通り触りながらコリを見つけるよりも、

その時の状態を聞くことにより、

いち早く辛さの原因を見つけることが出来ます。

 

そんな素敵なトリガーポイントの発生箇所のお勉強

を今しております。

 

触っている筋肉が何なのかもわからなければいけないので、

リラクゼーションセラピストとしては

かなりハイレベルな試験。。。

 

いやいや、店長増子は2年間

これを勉強してきました。

 

必ずパスして皆様のお体を

自信をもって触らせてもらいます!

 

 

そんなきちんした知識を

国家資格を持つ先生に教えてもらってる

素敵な環境のもとにある、しゃっぷりん。

 

でもしゃっぷりんの売りはそこだけではないのです。。

 

ゆったりしていただける環境づくり!

そしてスタッフのゆるいトーク!!

気なんて使えないほどゆるく、…とにかくゆるく!!!(笑)

ゆるすぎても叱らないでくださいね。(笑)

 

そんなゆるく楽しいことが大好きなお店ですが、

みなさまのお体を触る以上は知識・技術、

納得いただけるものを、真っ直ぐに目を見てお出しできるものを、

提供いたします。

下地があってこそ、

楽しいゆるさを提供できるのだと

しゃっぷりんは思っております。

 

 

 

 

 

 

か、

 

 

かっこいい…

 

 

 

 

そんな事言ってますけど

口ばっかりにならない様に店長、勉強し直します!!

 

リンパリラクゼーションのおみせ #しゃっぷりん

豊中・桃山台駅徒歩7分 お待ちしております♪

 

 

 

 

 

 - BLOG, お知らせ

恐怖のトリガーポイント試験

豊中市上新田・桃山台のリンパリラクゼーションサロン

Copyright© しゃっぷりん , 2017 All Rights Reserved.